満丸株式会社

ホームページ制作から、WEB戦略ブレーンまで、満丸株式会社におまかせください!

tel.076-464-3484

受付

9:00~18:00(土日祝を除く)

いつでもお気軽にどうぞ!

ご相談・お問い合わせはこちら

満丸道ブログ

<雑記>

自分の考えがまとまらなくて、マインドマップに出会い、

2・3年前の8月、セミナーを受けた。

マインドマップ(wikipedia)

マインドマップ日本公式サイト

 

考えを出す、まとめるには、いろんな方法がある。

私は、付箋か、マインドマップが多い。

 

●アイディア出し

付箋なら、思いついたことを、まず書き出し、

その後、分類してまとめる。

マインドマップなら、手書きで、

真ん中にテーマを書き、先に枝(ブランチ)を

数本、先に伸ばしておき、そこに言葉を入れていく。

 

●整理

iMndMapというソフトを使うと、設定によっては、

枝(ブランチ)が、自動で重ならないように動いてくれる。

後で、他のファイル形式にも書き出せるので、便利。

iMindMap

 

考えの整理は、書き出すこと、列挙することで、かなり進む。

ただ、新しいアイディアを生み出すことや、

根本的なところを煮詰めることをするときに、お試しください。

 

 

<中国関連>

20110829.jpg

中国巨大ECサイト タオバオの正体

 

タオバオとは、中国No.1のECショップ。

仕組みでいうと、日本のYahooオークションのようなシステム。

 

日本では、変な商品を売りつけると、売ったほうが悪く、

信用されなくなり、いずれ自分の身にふりかかると考えられている。

中国では、良く調べもせず、買ったほうも悪いと考えられている。

 

なので、インターネットの黎明期は、詐欺も多く、

中国でECは根付かないと思われていた。

 

その中で、タオバオが急成長したのは、

エクスローサービスのようなシステムを確立したから。

(システムだけではないですが)

 

この本は、そのタオバオについて、ビジネスの視点から解説し、

成功事例などを紹介している。

 

実は、満丸もチャレンジしてみようと思っている。

お客さんに提案するにしても、やってみてわかることも多いはず。

幸い、サポートしてくださる方もあり、

手痛いやけどをしないように、気をつけながら、やろうと思う。

商品は、知り合いのところから、いくつかチョイス中。

 

また、いずれ、状況などもお知らせします。

<経営・マーケティング>

満丸を設立するにあたって、どういう会社にしたいのか、ずっと考えてきました。

1年も過ぎ、今頃やっとですが、

まず、経営理念・経営戦略について、やっと明文化できそうです。

 

それまで、経営理念とか、事業戦略とか、聞いたことはあっても、

自分の中で咀嚼できていませんでしたので、

その際自分なりに、整理してはいました。

 

たまたま、昨日のブログでお知らせした「本気でねっと」のグループでも

話題になりましたので、簡潔に書いてみようと思います。

 

【経営理念】(精神的なもの)

  使命・役割(ミッション)←お約束(何を大切にするか)

  めざす将来像(ビジョン)←こうなりたい(実現したいか)

  価値感・姿勢(バリュー)←判断基準

  ※このために会社やっとるがや~!」という叫びや使命

 

【経営戦略】(現実問題として、理念を実現する手段)

  商品・サービス開発の方針

  経営目標

  ※ものづくりやサービスの根底にある考え方、向かう方向、目標

 

【事業戦略】(より具体的な個別の事業戦略)

  商品・サービス、顧客、市場(競合)、タイミング、

  販売方法(売り方・マーケティング・ブランド)

  ※満丸なら、ネット営業支援とか、中国進出支援とか。
   戦術とも言われる具体的な戦い方

私は ↑ と、理解してます。

 

やっぱり一番大事なものは「経営理念」

これをハズしたら、あちこち支障や矛盾が出てきます。

なので、満丸がお客さんのWEBやビジネスに関わるときは、

これらを明確にさせるよう努力しています。

 

明確にすることによって、「やること」が具体的になりますね。

ところが、この時「やらないこと」も具体的になるんですよ。

この「やらないことを明確にする」って、すごく大事で、

そこに、ブレない、矛盾を起こさない秘訣があるのではないかと思います。

 

当然、社員やパートナーには、共感してくれる人たちということになり、

さらに進みやすくなりますね。

 

やる事業は変わっても、経営理念は変わらない。

そう思うと、よく自分の心と相談して、表現したいと考えてます。

 

ちなみに、ライブドアには、経営理念とか、コンプライアンスとか、なかったそうです。

 

 

<雑記>

富山県新世紀産業機構に、TOYAMAインターネット活用研究会があります。

その有志で、「本気でねっと」という、ネットを利用して成果を出したい人が

集まって、勉強したり、情報交換したり、相互に教えあったり、飲んだり

する会があり、私も参加しています。

TOYAMAインターネット活用研究会

本気でねっと

 

各自それぞれ、自分で目標を立て、実行していきます。

勉強もさることながら、自分で道をつくるような、

前向きで個性的な人が多く、モチベーションが高いので、

参加するほうも、負けてられないな~と前向きになれる場所。

 

こういうと敷居が高く思われるかもしれないけど、

フレンドリーな人ばかりですから、

人見知り(?)な私でもすっかり馴染んでます。

 

7月 Facebookを活用しよう

8月 小さな会社でできる「ブランディング」

を開催し、これからの勉強テーマは、

9月「あるサイトを題材にして、どういう広告がいいか、検討する」

以後、

・商業ライティング(光でなく文章ね)

・楽天について

・アクセス解析の話

などを考えています。



また、相互サイト診断として、お互いのWEBサイトを、

それぞれの視点で感じたことを伝え、サイト作りに活かす

というのも、毎回30分ほど、します。

 

次回は、9/22の予定です。

見学なども受け付けていますので、気軽に来てみてください。

(会場の都合などで、変わる場合もありますので、ご連絡くださいね。)

 

<読んだ本>

20110825.jpg

「名前買い」を起こせ!

 

いつものように、ふらふらアマゾンをのぞいていて、ピンときて

タイトル買いをした。

文字通り、名前買いさせられた訳ですね。

 

今、自社のサービスに名称を付けようと思っている。

今日、届いて、1時間ほどで一気に読んだ。

ネーミングの話だけど、それは、つまりマーケティングの話。

いかに、気づかせるか、振り向かせるか、伝えるか。

 

名前を付けることの大切さ、

それによって、商品が主張しだし、

新しい市場だって生み出せる。

これって、この前の「ブルーアイランド戦略」に

通じるものがあると思う。

ブルーオーシャンから、ブルーアイランド戦略へ

 

いろいろ、なるほどと思うことが書いてあるが、

私に一番響いたのは、

「ターゲットとは、お客さんの悩みです。」

という言葉。

そうかぁ。そのとおり!

 

で、どんな名称をつけようかな。

後日、決まったら、お知らせしますので、

買った甲斐があったかどうか、ご判断ください(笑)。

 

<中国関連>

20110824.jpg

小さな会社が中国で儲ける方法

 

ストレートな題名のこの本は、意外にコツコツと学び、試行錯誤し、

翻訳会社を中国で起業した経験談。

 

ネット事業の話ではない。

現地で人を採用しているので、

人としての理解や、地域性、思想、考え方などが正直に書いてある。

 

リアルで、生々しい、中国人の国民性理解のための一冊。

交流のためには、お互いの理解から始まると思う。

<読んだ本>

20110823.jpg

ねじれ脳の行動経済学

 

人は結論を先に下し、あとからその裏付けを探す。

自分の結論とは違う情報は無視してしまう。

これを、確証バイアスというらしい。

 

また、失敗すれば人のせい、成功すれば自分の成果とか、

結果がわかってから、予見できていたかのようにふるまうとか、

あるある~という事例が多く、興味深い。

 

目先の損得に気を取られて、利益を逸したり、

それどころか、損をしたりする。

有名なところでは、投資したお金を考えるあまり、

撤退時期を誤って、赤字を垂れ流すサンクコスト効果など、

経営者としても気をつけたいことが多々ある。

 

この本は、詳しく説明するというより、

こんなのがあるよ。気をつけよう。という感じ。

 

もう少し事例が多く読みやすいのは、こちら。

ちょっと厚いけど(笑)。

 20110823-2.jpg

経済は感情で動く―― はじめての行動経済学

<インターネット>

webサイトにおける閲覧者のOSを1年前と比較してみました。

この訪問数は、主にB2Cのwebサイト3サイトを合計したものです。

(※ クリックで拡大します。)

 

20110822.jpg

 

ブラウザまでは、比較していないのですが、

ご覧のとおり、スマートフォンが増えています。

Apple系スマホ&タブレットと、

Android系スマホ&タブレットを合わせると、

Macintoshより、多くなりました。

 

昨年のデータがなかったので、上記に集計していないB2Cのサイトでは、

Winの次が、Android系というのもあります。

 

考えてみれば、ちょっと調べたいときに、

私もスマートフォンを使うことが多くなりました。

 

今後、webサイトを構築するとき、対象によっては、、

思っていたより早い時期に、スマートフォン対策を

考える必要がありそうです。

 

 

<経営・マーケティング>

8/20 盆踊りのスタッフとして、実際の販売をしました。
あまり直接販売したことがなかったので、
声をかけるのが照れくさかったです。

小売りをされている方には、常識かもしれませんが、
実感したことをいくつか。

○売れてます
 売りたい商品、おすすめ商品、目立ってほしい商品に
 「今、売れてます」というシールを貼ると、目立ち、
 手に取ってもらいやすく、売れる。

○声掛け
 元アパレル販売Sさん
  「お手にとってご覧ください。」と、さらりと。
 インテリア関連製造販売Tさん
  「おとうさん、これいいよ~」と、フレンドリーに。
 業種が表れていて、興味深かった。
 あと、声かけやすい感じ(店員さんの)も大切やね。

○試食
 食品は、食べてみないとわからないもの。
 試食品を食べてもらうと、結構売れた。
 商品に自信があるときは、効果抜群。

○実用性
 食品以外では、キティちゃんのご当地キーホルダー、
 伊達家の家紋入り扇子、土鈴がありました。
 キティちゃんのご当地キーホルダーが、ぶっちぎりだと
 思っていましたが、意外に、男の方が扇子を買われました。
 曇りとはいえ、ちょっと暑かったからかも。
 「どなたにお土産ですか」と具体的に聞くと、売れやすかった。

○返報性
 先に、何かいただいたり、優しくしてもらうと、
 お返ししたくなります。
 お昼ごはんを食べていると、
 「デザートにどうぞ」と桃を持ってこられました。
 さりげなさと、おいしかったのもあって、
 わかっていながら、その後、買いました。

○関わり
 関わりを持つと味方になりがち。
 自分が売っていた商品を結局買ってるし(笑)


こう書いてみると、対面の販売も、ネットも
販売の基本は、同じですね。
実感できました。

 

<雑記>

今日は、朝から、とやま311ネット主催「とやま東日本盆踊り大会」のお手伝いをしてきました。

今は、足がジンジンして、動けないです。運動不足やわ~。

 

私は、宮城県産品の販売コーナーで、

「本気でねっと」というネット勉強会の友人たちと、

一緒に、販売していました。

 

お買い上げいただいた皆さま、ありがとうございました。

完売はできなかったものの、おかげさまで、

食品関係は、かなり売れました。

 

私たちを、宮城県から来ていると思って、励ましてくださった方、

ちょっと心苦しかったですが、売上を通してお気持ちは届けますね。

阪神大震災でお世話になったから、と、お札を入れてくださった方、

本当にありがとうございました。

 

この盆踊り、被災して富山に来ておられる方の一言

「盆踊りしたいね」から、始まったそうです。

(↑こんな風なことらしいだけで、言い方は違うと思いますが)

 

準備された方々は、大変だったと思います。

盛会になって、良かったです。

 

見よう見まねでの相馬盆踊り、

越中八尾のおわら節。

私も、イベントに参加して、夏祭り気分になりました。

こんな日もいいですね。

が、途中で、スマホのバッテリーかなくなって、

ネット依存症の禁断症状を起こしてました(笑)。

写真も、撮れなかったし。

 

今日の一番の気づきは、

「いや、自分が思っている以上に、体力なくなってきとるわ。ヤバイ」

でした。どうしようか・・・。

1  2