満丸株式会社

ホームページ制作から、WEB戦略ブレーンまで、満丸株式会社におまかせください!

tel.076-464-3484

受付

9:00~18:00(土日祝を除く)

いつでもお気軽にどうぞ!

ご相談・お問い合わせはこちら

満丸道ブログ

<雑記>

富山県民は本好き?

私は見ていなかったのですが、
「ケンミンSHOW」で書籍の年間購入金額が最も多いのは
富山県と言っていたらしいですね。
そういえば、県民一人あたりの図書館の数だったか、蔵書数だったかも
多いと聞いたことがあります。
 
私も富山県民らしく(?)本屋へ行くのが好きです。
行くだけでも、何だか豊かな気分になれます。
 
が、タダでは帰れない・・・。
何かしら、買ってしまう。
買うのは、ビジネス、ネット、自己啓発、旅行関連が多くて、
特にビジネス系が好きです。
理論系も、ハウツー系も、情報系もアリ。
 
買う基準は「おもしろそう」かどうか。
役に立ちそうと思って買う本は、読んでみると
おもしろくないことが多くて、失敗する。
 
本屋に、なくなってほしくないので、
できるだけ本屋で買うようにしていますが、
アマゾンでも買います。
次々と、ツボを心得た、そそる書評とオススメで、
アマゾン、うまいわ。
買うと、何か負けた気がする。(けど買ってる・・)
 
正直なところ、アマゾンは本を手に取れないだけに、失敗も多い。
読んでおもしろくなかったからといって、返品もできないしね。
本屋は失敗が少ないうえに、思わぬ掘り出し本があったりするのも楽しい。
 
そのアマゾンに、来店してもらうというハードルがある現実の本屋が
勝てるとしたら、今、店舗にある本の在庫を検索できるようにすること。
それも、いろいろな店を串刺しにして、地域で検索できるようになれば、
アマゾンでオススメされた本も、すぐ手に取れるので、
そこへ買いに行きます。
本屋に問い合わせるって、結構、勇気要りますよね。
本屋さんも、手間だろうし。
 
本屋さん、どうでしょう?
そうならないかな~。
期待しています。
 
 

<経営・マーケティング>

広域でニッチを対象にしたマーケティングが得意なインターネットなので、

実は、来店型ビジネスのマーケティングは、あまり得意ではありません。

 

来店型とは、飲食店や小売店で、お客様に来ていただいて

食事や、買い物をしていただくタイプのビジネスです。

 

地域のことは、皆さんも

あまり検索されていないと思いますが

実際、検索数も少ないです。

 

けれども、ニーズがないわけではなく、

「どこにしようか迷ってる」検索はあり、

「地域名 忘年会」とか、

「地域名 居酒屋」などで

検索されます。

 

そういった定番のキーワードでの検索結果は、

ぐるナビ、食べログなどが上位表示されますし、

いろいろ見たいと思っているユーザーは、

個別の店舗より、口コミサイトを

クリックする場合が多いですね。

 

とはいえ、ホームページが不要なわけではありません。

口コミサイトで、店舗を見つけた後、

たいてい店舗名で再度検索して、公式サイトを探します。

そこで、しっかり確認できると、予約や来店につながる

確率が高くなります。

 

 

では、来店型の場合、どうすればいいのか。

来店型のご商売をされている、飲食店、小売店などでは、

違うインターネット活用が有効です。

 

公式サイトは、新規客用として

基本情報と新しい情報が載っていれば、

簡易なものでも構いませんが、

携帯やスマホにも対応したサイトのほうが、

今後を考えると、良いと言えます。

 

その他には、一度来店されたお客さまに対する、

再来店を促すツールとして、メール販促があります。

これは、現実に効果を上げていて、

満丸としても、もっと取り組みたいと考えています。

 

実際に運用している、温浴施設やスイーツ店での

取り組み成果もまとまったら、ご報告していきますね。

 

 

<雑記>

通常、新しいお話をいただくと、私がヒアリングして、企画書と構成を作ります。

今回の依頼主は、スタッフほとんどと知り合いということで、

満丸フルメンバー4人で行ってきました。

 

4人で行くなんて、コスト計算すると、ありえない話ですが、

ここは学習も兼ねて、大盤振る舞い(笑)。

 

最初の話は、ホームページの内容ではなくて、

会社そのものの今後の方向性や、事業の全体像、

最近の依頼者のお客さまの様子をお聞きします。

まずは、そこから。

 

どうやってお客さまが、この会社にたどり着くか、

ネットからや、ネット以外のルートも。

 

お客さまは、どうしてここに決めたか。

その結果、どうおっしゃるか。

疑問に思うこと、確認したいことをあれこれと。

 

依頼主の事業全体を考えて、

WEBが担える部分は何か、

WEBとしての、ゴールはどこか。

 

 

満丸の強みは、

依頼者の強みを客観的に、見つけ出せること、

訴求するポイントを決めて、発信情報を整理できること。

 

帰りの車中や、今日の社内ミーティングなど、

いろいろ本質的な問題について、話し合われました。

うちのスタッフ、いいポイント、つくんですよ。

 

こういうみんなを見ていると、私もすごく楽しい。

今回は、私は、オブザーバー的参加にしようと思いつつ、

結構、しゃべってるけどね。

いい企画が出来上がり、効果もでると思います。

楽しみです。

 

 

<インターネット>

 Google八分という言葉をご存知ですか?

 

4,5年前、IT専門家登録をしている商工会連合会から、

困っている方がおられるのでお願いしますと声がかかりました。

 

そのサイトは、宿泊業で、もうすぐハイシーズンになるというのに、

google検索に表示されず困ったとの相談。

検索してみると、確かに表示されず、キーワードどころか、名前を入力しても出ない。

名前で検索して出ないってことが、不思議。

意図的としか思えない。

 

サイトを見てみると、画像は多いですが、テキストも若干あり、

表示はそんなにおかしくないけど、ソースを見て、びっくり。

白地部分に、白い文字で、やたら検索されそうなキーワードが書いてある。

ほとんどの画像にも、代替テキストがこれでもかと。

何とわかりやすいSEOスパム。

じゃあ、これが噂の Google八分!!

  

聞くと、専門の方にSEOをしてもらったとか・・・。

 

SEOスパムとは、検索エンジンの、情報を読み取る手順(みたいなもの)を

悪用して、上位に上がろうとする行為。

最初は効いても、すぐに効果なくなるどころか、

悪質とみなされると、検索結果から、消される。

その状況を、村八分をもじって「Google八分」と言われる。

 

どこかに相談したら、新しいドメインで作ったほうがいいと言われたらしい。

でも、長年使ったドメインを捨てるのは、もったいないです。

 

で、どうするかといえば、ます正常な状態に戻す。

キーワード羅列の不自然なテキストは削除し、

画像に含まれる言葉でテキスト化したほうがいいものは、テキスト化。

タイトルやリンクを整え、htmlコードも修正。

 

次は、googleウェブマスターツールから再申請。

待つこと1カ月ちょっとで、表示されました。

当然、Googleからは連絡ないので、表示された時は、心からホッとした。

(心配で、何度も申請してしまった。)

若干シーズンには入ったものの、まだまだ間に合いました。

 

ハイシーズンが終わり、余裕ができたころ、全面リニューアル。

その結果、次のシーズンには、

「今年はお客さんが多い年だなと、思っていたけど、近所の宿泊施設で

電気がついているのは、うちだけって日も結構ありました。」

と喜んでおられました。

 

検索エンジンの裏をかこうなんて、もう無理ですね。

ホームページは正しいコードで作り、

業務に関する日々のニュースや、ブログをきちんと書くことが

一番の対策だと思います。

 

1