満丸株式会社

ホームページ制作から、WEB戦略ブレーンまで、満丸株式会社におまかせください!

tel.076-464-3484

受付

9:00~18:00(土日祝を除く)

いつでもお気軽にどうぞ!

ご相談・お問い合わせはこちら

WEB戦略

WEBアプリとネイティブアプリ 違いのまとめ

<WEBシステム・WEBアプリ>

スマートフォン等に対応する「アプリ」と言われるものには、

「WEBアプリ」と「ネイティブアプリ」がある。


●WEBアプリ

ブラウザ上で、表示・動作する、スマホなどに対応したアプリケーション(のように見える、WEBシステムの一種)


●ネイティブアプリ

単体で動作し、ブラウザの縛りを受けないで、スマホ本体の機能も使えるアプリケーション


WEBアプリの開発にあたって、比較して、違いをまとめてみた。

  WEBアプリ ネイティブアプリ
OS対応 まとめて対応できるが、各OSやブラウザによって、表示が違うことがある。(※対象や内容によって、端末の種類ごとに分けたほうが良い場合もある。) iOS、Androidの2種類必要。
費用 OSごとに対応しない分、安く済む場合が多いが、ブラウザの対応範囲によっては、工数がかかる。 iOS、Androidそれぞれに、一から開発するので、制作・バージョンアップともにコストがかかる。
動作環境 インターネット接続が前提。
インストールの必要がない。
インストールが必要。インターネット接続しなくても、内容によっては単体での動作も可能。
入手
・接続
一般的なホームページと同じ。
検索等での集客も可能。
基本的に、App StoreやAndroid Market等、アプリのマーケットからダウンロードする。
表現 ブラウザで表示するので、HTML5やCSS、Javascriptなどで可能な表現に限られる。 スマホ本体の機能も使えるので、GPS機能やカメラの起動などもでき、ブラウザの制約を超えた操作性や、インタラクティブな表現ができる。

 

一長一短ですが、個人的には、WEBアプリが増える気がする。

確かに、リッチコンテンツの表現も魅力だけど、

棚末機能が必要な場合は、それほどないし、

アプリの修正やバージョンアップがしやすいと思う。

 

【関連記事】

ネイティブアプリの作り方(超・概要)

→WEBアプリを作りたい方(作成中)

→アプリを活用したい方(作成中)