満丸株式会社

ホームページ制作から、WEB戦略ブレーンまで、満丸株式会社におまかせください!

tel.076-464-3484

受付

9:00~18:00(土日祝を除く)

いつでもお気軽にどうぞ!

ご相談・お問い合わせはこちら

WEB戦略

<WEB戦略>

ホームページからの依頼につなげるには、
・会社姿勢を表現する
・実績を多く
・顧客に有益な情報提供
・信頼されるに必要な情報をちりばめる
 (どこどこと取引、この事業に採択、社屋、社員の写真など)
ことが大切です。

肝心の情報が、たった2・3ページで、
様子すらわからないのに、どんな言葉を並べても、
依頼をゲットできる訳ありませんよね。
ホームページにおいて、結構、量も大事なんです。

顧客側にたって、取引しようと考える方が知りたい事柄は何か、
悩んでいること(これが検索されるワードに現れます)の答え、
といった情報を掲載する必要があり、
これらの内容は、デザインや表現の前に必要なことです。

リニューアルは、そのためのベースづくりです。
これからたくさんの情報を提供していくために、
・依頼者ご自身にもwebでの顧客像と目的を明確にしていただく、
・どんな情報を提供していくか、
・それに伴うナビゲーションの整理、
が必要だと思います。

特に、技術やサービス、システム等の場合は、
目に見えない商品なので、
他との差別化がしにくいと言えます。
自分で、いくら技術力があると言っても、なかなか信用されません。
それには、利用者の声や、取引先、提供する情報などで、
感じていただくしかないのです。

自社を信用してもらうために、価格や実績だけでなく、
出せる情報はどんどん出しましょう。

実績も、会社名が出せなくても、
どの程度なら出せるのか、どうしたら掲載できるのか、
検討していきましょう。


<WEB戦略>

ホームページやネットショップを構築するとき、
訴求する対象(顧客)や
自社の強みを考えると思いますが、
それにも増して、大切なのが、市場ニーズ。

ニッチな市場で戦うといっても、
月に数件の検索しかないキーワードでは、
いくらYahooやGoogleで、
1位を取ったとしても、商売にするのは難しい。

キーワードの検索数を知るには、
Google Adwords の キーワードツールを使う。

このツールで、関連キーワードの検索数を見る。
この検索数の多さが、市場ニーズと思って良い。
(必ずしも、商売になるニーズとは限らないが。)


顧客が検索するであろう、キーワードを想定し、
関連キーワードも探し、
その中で、検索数が多いキーワードを
とりあえずのメインキーワードと考え、
文章内容を構成する。

「とりあえず」というのは、
そのキーワードが、
必ずしも、良いキーワードとは限らなくても、
数が見込めれば、いろいろな結果が見えてくるから。

その後、結果が出る「良いキーワード」を探していく。
そのキーワードに合わせて、ホームページの内容も
少しずつ、メンテナンスが必要になる。


それから、ホームページで、集客や販売をしようとするのなら、
SEOだけでは、難しい状況だ。

SEOで成り立つのは、
・長く使われているドメイン
・少なくとも、数十ページの適したコンテンツ
・他からの有力なリンクがある
などのホームページ。


結果がでるキーワードを見つけたら、
その中で、検索数の多いキーワードで
PPC広告なども、組み合わせて、
地道な努力を重ねていく。



1